過払金について|札幌の弁護士

過払金
過払金が発生することも

今はほとんどなくなっていますが、過去には債権者によっては利息制限法という法律で定められた上限金利より高い金利で利息を取っている債権者(消費者金融等)が多くありました。

本来、利息制限法の上限金利を超えた部分の金利は無効なので、それまでに利息として支払った金額のうち上限金利を超えた部分の金額は元本の返済に充てます。

そうすると、借金の元本が大幅に減ったり、さらには元本を超えて払い過ぎていたりということも少なくありません。

元本を超えて払い過ぎていたという場合には「過払金」として債権者に返還を求めることができます。

ただ、最近は過払金が絶対に取れるものだと期待されている方も多いようなのですが、借入をして必ず過払金が発生するものではありません。

過払金が出たらラッキーくらいに思っておいたほうが良いでしょう。