自己破産による借金の整理|札幌の弁護士

自己破産による債務整理
自己破産による債務整理

自己破産とは、裁判所にもうこれ以上お金を返せません、と申立をすることです。

「自己破産」の申立と共に「免責」の申立てをして「免責許可決定」を受けることができれば、それ以上債務を返済する必要はなくなります。

もっとも、自己破産にはデメリットもあります。

原則として7年間は再度の破産をして免責を受けることはできません。

また、概ね7年間は銀行等から新たな借り入れをすることができなくなります。

さらに、免責されるまでの間、警備員や生命保険募集員など一定の職業にはつけなくなるという制限があります。

自己破産には、あまり良いイメージをお持ちでない方が多いと思います。

しかし、自己破産はこれまでの借金を整理して、新たに社会生活の再出発をするための法律で認められた制度です。

自己破産をしても戸籍や住民票に記載されることはありません。

選挙権もなくなりませんし、会社を解雇されることもありません。

その後の日常の生活に大きな影響はありませんので、借金の金額が大きい場合には債務整理の一つの選択肢となります。

裁判所への申立が必要なため、ご自身でやるとなると準備はかなり大変です。

まずは下記フォームから弁護士に無料相談をいただければと思います。