個人再生による借金の整理|札幌の弁護士

個人再生による債務整理
個人再生による債務整理

個人再生とは、簡単にいうと、住宅ローン以外の借金を減額して返済していくもので、裁判所で手続をする必要があります。

自己破産で債務整理する場合には、住宅等の価値の大きな財産を持っている人は財産を失ってしまいます。

これに対し、個人再生では、減額された借金をきちんと返済していけば、大事な財産を手放すようなことにはなりません。

また、個人再生では破産するわけではないので、自己破産のような資格・職業の制限を受けることもありません。

ただし、個人再生の場合には、自己破産のようにすべての借金が消えるわけではなく,減額された借金と住宅ローンは返済しなければなりませんので、経済的な負担は残ります。

減額された借金は,原則として3年以内で分割して支払っていく必要もあります。

3年で返済していけるのか,個人再生の手続きにおいては,再生計画案の作成が重要になってきます。

ご自身が個人再生による債務整理を希望される場合、この方法がとれるかどうかも含め、まずは一度弁護士にご相談ください。

ご相談をご希望の場合には、無料相談フォームからご連絡ください。