FX取引では,レバレッジを効かせて手持ちの金額以上の取引をすることも可能です。

為替相場の急激な変動や,予想外の動きにより,大きな損失を抱えてしまうリスクもあります。

FX取引により利益を上げようとすれば,ある程度のリスクを取ることはやむを得ないですし,その結果,債務を抱えてしまうこともあると思います。

FX取引は,自己破産手続における免責不許可事由にも該当するため,どの方法で債務整理をするのか慎重に検討する必要があります。

また,自己破産手続を希望するのであれば,免責が可能かどうか,弁護士に相談したうえで手続を取ったほうが良いでしょう。

債務がFXによるものだけなのか,額はどのくらいなのか,その他の生活状況や財産状況などを全て考慮したうえで,債務整理の手続選択を行うことになります。

FXで債務を負ってしまった方は,まずは一度ご相談いただければと思います。

ご相談フォームはこちら→【無料相談フォーム】