未払いの医療費(美容整形を含む)

医療費の支払ができないことから、無理な借り入れを行ってしまい、債務整理をしなければならなくなるケースもよくあります。

また、最近では美容整形の費用のために借入を行ったものの、収入が安定せずに債務整理をしなければならなくなるケースもよくあります。

この様な医療費(美容整形の費用)を含む債務整理の場合、任意整理をするにあたっては資金使途が明確であることから債権者の理解は得やすいと言えます。

また、自己破産の手続を取る場合においても、裁判所に対する説明もしやすいと言えます。

どのような方法により債務整理を行うのかは、それぞれの方の収入・資産の状況や、他の借入状況、その他の生活状況等にもよりますので、まずは弁護士にご相談いただければと思います。