不動産投資による債務の整理|札幌の弁護士事務所

副収入を得るため,あるいは老後の生活などのため,不動産投資に挑戦されたものの,思うように部屋が満室とならずに空室が出て収益が上がらなかったり,修繕費用やリフォーム費用に想定外の出費がかさんだりして,逆に投資するために負った債務(借金)の返済に困ってしまっているという方も多いと思います。

投資物件という資産があるため,早めにご相談いただければ,債務整理の選択肢も増えますので,なるべくお早めに相談されることをお勧めします。

 

 

≪ご相談例1≫

 

投資用不動産として,銀行から3000万円を借りて中古アパート1棟(4部屋)を購入しました。購入時は満室だったのですが,半年で2部屋の賃借人が退去してしまい,その後は空室となってしまっています。いろいろな方法で募集をしているものの,部屋はなかなか埋まらず,自分の貯金を取り崩して銀行へ返済しています。このままの状態が続いたらどうしようと,不安です。どうしたらよいでしょうか。