債務整理の様々な原因

借金が増えてしまい、債務整理をしなければならない状況に至ってしまった原因には、いろいろなものがあるでしょう。

 

・ 生活費の不足分を賄うために借りた。

・ 借りては返すをくりかえすようになってしまい、借金が増えて行ってしまった。

・ 不相応の住宅ローンを組んでしまった。

・ 高価な車をローンで購入してしまい、他から借りて返済するようになってしまった。

・ パチンコや競馬、競輪、競艇といったギャンブルのためにお金を浪費してしまい、借金をした。

 

以上の例のほか、よくあるご相談について、以下の各項目のページをご参考にしてください。