住宅を守りながら債務整理をする方法

住宅を持ち続けながら債務整理を行うには,任意整理と個人再生,どちらかの方法を選ぶことになります。

任意整理は,債権者を選んで無理のない返済計画に組み直す和解交渉をする手続きのため,住宅ローンの債権者を外して手続をすることで住宅を手放さず債務整理をすることが可能です。

住宅ローン特例とは?

住宅を所有する方の借金問題を解決するには、住宅ローンに特殊な配慮が必要です。住宅ローン特例とは、住宅ローンを抱えて、借金の返済ができなくなってしまった方が、住宅を失うことなく借金を整理し経済的に再生できるようにするための制度です。